体内の異常110番│頸部脊柱管狭窄症や下肢静脈瘤の徹底攻略法伝授

先生

もし言われたら

頸部脊柱管狭窄症は筋肉が弱くなったり、椎間板の異常により引き起こされる。酷い肩こりや首の痛みが治まらない時はすぐに医師の診察を受けることが望ましい。筋肉の緊張を緩める事には血流を良くすることが効果的である。

Read More

体への負担を抑える

放射線治療は現在徐々に普及しつつあり、積極的な保険適用も進められています。放射線による負担の少ない治療を選択する方が、昨今では増えているのです。治療の名医も各地の医療機関に登場し、専門的な治療を行なっています。

Read More

下肢静脈瘤の治療

下肢静脈瘤の治療は、現在レーザーやラジオ波を用いて日帰りでも行なうことが出来ます。下肢静脈瘤は生活習慣が原因となっていることが多く、今後はマッサージなどを通して日頃から病気を予防する必要が出てくるでしょう。

Read More

首や肩に症状が出たら

首が痛くなり、手足がしびれる頸部脊柱管狭窄症の治療方法は、実績のある病院で早期に治すのが最もよい方法です。

家族や患者さんのサポートを行なっています。転移がんでも治療方法はあります!ココで提案されている免疫細胞療法なら、回復も可能ですよ。

昨今リスクが高まっています

頸部脊柱管狭窄症は、頸部の脊柱管が狭くなり神経に障害が起こる病気です。肩や首の筋肉が固くなり、腕や指などにしびれや痛みが生じてきます。頸部脊柱管狭窄症は、特に同じ姿勢を続けていると生じやすいと言われており、パソコンを使用してのデスクワークが一般的になっている昨今、リスクの高まってきた病気の一つなのです。 頸部脊柱管狭窄症については、これまで余り知られていませんでしたが、最近では腰部の脊柱管狭窄症がマスコミでも盛んに取り上げられるようになり、頸部の症状にも注目が集まるようになりました。頸部脊柱管狭窄症の場合には、症状が一見分かりにくいこともあるため、現在では様々な所で特徴となる症状が紹介されるようになっているのです。

首や腕に症状が現れるのが特徴です

頸部脊柱管狭窄症は、首や腕の神経に影響を与えます。従って、肩が凝り腕や指先にしびれや痛みが現れることが多いのです。また、腕全体に力が入らないといった症状が起こることもあります。こういった症状は、ともすると一般の肩凝りの症状と誤って判断してしまうこともあり、頸部脊柱管狭窄症の症状には気を配ることが必要になるのです。 頸部脊柱管狭窄症の治療は、腰部の場合と同様に症状に応じて薬物療法やブロック注射などが行なわれます。重症化した場合には手術が選択されることもあるのです。また、最近では患部を温めて血行を良くする温熱療法が試みられることもあり、治療の選択肢は広がっています。漢方や指圧を取り入れた東洋医学的なアプローチも行なわれるようになっているのです。